プロフィール

はるまりも

Author:はるまりも
FC2ブログへようこそ!
障害(先天性脳形成不全、多小脳回、難治性てんかん、嚥下障害)があっても、周りを癒してくれる可愛いはるちゃんのとママの奮闘日記です(^^♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

3月11日 忘れてはいけないこと

今日は3月11日。
東日本大震災から4年経ちました。
早いものです。

はるちゃん地域は東北ではありませんが、少なからず影響もありました。
東北の方々からすれば、こちらの被害なんて被害と言えない程かもしれませんが…、あの時の事は今でも忘れられません。

地震のあった2011年3月11日。
私はまだ幼稚園の先生として働いていて、遅い便のバスで帰る子達と外で遊んでいました。
「そろそろ帰りの支度の時間だから」と、子ども達を園舎に誘導していた時。
ガタガタ…と入口のドアが揺れ始めたのですぐ地震だと分かりました。
なんせこちらは結構な頻度で地震がありますので(*_*)

すぐに子ども達を園庭の真ん中に移動させて、職員で囲いました。
いつもはすぐおさまる地震。
でも、その時は違いました。

園庭の真ん中でも確実に分かるほど、時間と共に大きくなる揺れ。
「怖いよぉ」
と、怖がる子ども達をただただ安心させたい一心で「大丈夫、大丈夫だよ、すぐ止まるからね、先生がいるから大丈夫!」
と励ましていました。
でも、そう言っている自分が内心一番慌てていたかもしれません。

園庭が割れてしまうんじゃないかと思うくらいの強い揺れに、今回の地震は何かが違うと襲ってくる不安と格闘していました。

しばらくして揺れはおさまりましたが、それから保護者へのお迎えの連絡、余震が続く中での子ども達へのフォローをしながら過ごしました。
誰も怪我をすることなく保護者へ渡せた事はなによりでした。

しかし、私達ですら沢山の焦りを感じながら過ごしていた地震のあと。
停電で信号が付かず暗闇の中恐る恐る帰ったあの日。
ロウソクで過ごした数日間。
なかなか回復しない水道。
物がないスーパーやコンビニ。
地震の怖さをもろに感じました。

けれど、東北の方々はもっともっと私が思う以上の、いや、私なんかが語っちゃいけない程の不安や焦りの中で過ごしていたと思います。

今だに風評被害に悩まされている地域。
自宅に戻れない方。
復興を願い精一杯のことをしている方々。
沢山の方々が頑張っています。

私たちが日々過ごせている事は決して普通なんかじゃないんです。
家があって、家族がいて…、ありがたいことなんです。
障害児を育てている事すら小さい悩みなのかもしれない。なんて思ってしまうくらい。

私なんかが出来る事なんてないかもしれません。
けれど、出来る事はなるべくしたい。

ネットのYahoo!で見つけました。
Yahoo!で「3.11」と検索してみてください。「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、Yahoo!検索から被災地の復興にたずさわる団体に寄付されるそうです。
↓↓↓
Yahoo!
『Yahoo!3.11で検索しよう』


あれから4年。
私はあの時のことを決して忘れません。
どうか、少しでも誰かのためになりますように。
東北の方々へ、エールが届きますように!
ランキングに参加しています!
ニコニコ太陽くんをポチッとクリックしていただけると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

拍手、コメントも励みになります!
ありがとうございます(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

私も仕事中で、2階で延長保育してた子ども達を園庭に避難させていました。階段がぐにゃぐにゃと曲がって見える程の揺れでした。
私自身帰宅難民状態でしだが、それだけです。

被災地の方々の恐怖や悲しみ、苦労など…計り知れないものです。

今、呼吸器を必要とするkotaとの生活。
あのような震災が起こったら…と思うと正直恐いです。

kotaママさん

コメントありがとうございます!

2階から園庭への避難もきっと恐いものがあったんじゃないでしょうか。
避難訓練はやっていても、いざ本当の地震の時に子ども達を落ち着いて避難させる大切さを身にしみました。

被災地の方々も頑張ってますもんね、私も頑張ります(^^)

こういう震災の時に、医療機器を使っている子達(はるちゃんは吸引器と注入ポンプですが)への対策って十分にとられているんですかね。。。
怖くなる気持ちもわかります。
私も改めて市や消防に確認した方がいいかなぁと思いました。(まだしてないので(*_*))